肉が美味しい・諏訪のとんかつとソースかつ丼

肉のこだわりはもちろん服資材にも安全安心にこだわっています

ソースかつ丼用ソース
3種類のソース他3種を自家調理した
ソースかつ丼専用ソース
ソース
スパイスのちょっと効いたとんかつ用のソース
(ヘルメスソースなど)
信州ねぎ味噌
信州味噌を使った昔ながらのねぎ味噌です

アンデスの「紅しお」・沖縄「粟国の塩」・宮古島の「雪塩」・「トリュフ塩」などお好みに合わせてご使用ください
味噌汁
信州岡谷の小さな味噌倉の味噌「雪娘」を使用し、にぼしと鰹節で出汁をとった味噌汁です。
とん汁も美味しいのですが、油で揚げたとんかつのため油の浮いた豚汁などはお出ししていません。
ご飯
長野県産「こしひかり」をとんかつに合うように、ちょっとかために炊いてあります
ヒレ肉
柔らかい秘密:お肉の掃除が違います。
一本のヒレ肉を掃除すると、30%が取り除かれ1Kgから700gしか取れません、
ここまでするから柔らかなヒレかつになるんです。
ロース肉
もちろん国産ロースを使用
ロース一本の中でも70%くらいがとんかつになります。
岩中豚
色んな銘柄豚のロースを試しましたが、この岩中豚は品質が安定しています。
脂身の美味しさ、歯ごたえ、香りなど超高価な銘柄豚に匹敵する旨い豚ではないでしょうか?(熟成)
岩中のロースは一本の中でも筋の少ない半分くらいが岩中のとんかつとしてご提供しています。
もう半分は一般のロースとんかつになります。


リブロースのとんかつ
豚肉にリブロースと言う部位は規格にはありませんが、肩から腰まであるロースでは味や脂の入り具合、赤身の入り具合など違ってきます。
そこで程よく脂身や赤身が入った肩側から2〜3枚をリブロースとしてご提供しています。
揚げ油
ラードは香ばしく・・バリッ・・と美味しくなるのですが
当店では香りがあまり出なく味のある植物油をブレンドして使用して・・サクッ・・とさせています。
綿実油・米油・コーン油・上質キャノーラ油・などです。
(シリコーン不使用の油のみの使用)
キャベツ
国産はもちろんのことですが、季節により様々なキャベツを使用します。そのため、やわらかさや味、厚さなど産地により違ってきます。
お客様には満足のいかないキャベツの場合もありますがご容赦ください。
定食にはオレンジが付いています
ビタミンB1を多く含む豚肉(牛肉の10倍)・・・このビタミンB1には、疲労回復、貧血、便秘、脚気、筋肉痛、集中力UP、などに効果があるようです。
また、豚肉とクエン酸を共に摂取すると、疲労回復効果が上がるのです。
ねぎ
普段は岡谷、諏訪産のねぎをしようしていますが、季節によりその他県産のねぎを使用しています。





ソースかつ丼


桜ユッケ
「小春丼」